オリジナルの封筒をオーダーするならココ!

男性

文書の発送

封筒

取引先や顧客向けに様々な文書を発送する場合には、用紙のサイズや分量に合わせて、封筒を用意することが重要です。ネット通販で既成の商品を購入する方法もありますが、オリジナル封筒を独自に作成するのが静かなブームです。サイズやデザインを自由自在に決められるのがオリジナル封筒の魅力であり、大ロットであれば1枚当たりの価格も割安です。ダイレクトメール向けのオリジナル封筒を発注する場合には、ロゴ入りの目立つデザインを選ぶのが理想的です。制作実績が豊富な印刷会社に相談すると、用途や予算に合わせて見積もりを出してくれるので、初めての発注作業もスムーズです。パンフレット類も封入しやすいオリジナルの仕様を選ぶことで、広告宣伝や各種事務作業も円滑に行えるでしょう。更にデザインにこだわりのある封筒を作ることで、企業イメージの向上にもつながるので、発注した企業の満足度も高いです。市販されている規格品をベースにして作成するのが、低予算でオリジナルの封筒を作ってもらうためのテクニックです。低コストでも独自色の強いデザインを選びたいときには、印刷会社が提案するテンプレート式の作成プランが手ごろです。そしてハイグレードな仕上がりを希望する企業が活用しているのは、金や銀のインクを活用した印刷プランや、箔押しなどの特殊加工です。複数の業者からサンプルを取り寄せて仕上がり具合を比べるのが、良い業者を選んで質の高い封筒を作ってもらうコツです。

インパクトのあるデザイン

名刺

名刺は企業拡大にもつながる大切な存在なので、インパクトのあるデザインでなくてはならない。ただ、読みにくいものはうまくアピールできないので、文字デザインはシンプルにするべきである。また、ケースに入れることも考えてサイズを選ばなくてはならない。

大切な映像を残すには

フィルム

ビデオテープに残っている映像は、映像の劣化や再生機器の故障などにより見られなくなる恐れがあります。ビデオダビングのサービスに依頼して他の記録メディアにコピーしておけば、貴重な映像をきれいなままで残すことができ便利です。

自分でやるよりも簡単

袋

OPPは様々な用途があり、市販もされています。専門店があり、サイズが豊富でオーダーメードも可能です。印刷を依頼することもできます。枚数が多くなると単価が安くなることもあり、個人でサイズや装飾をするよりも安く早く仕上がります。