オリジナルの封筒をオーダーするならココ!

男女
  1. ホーム
  2. インパクトのあるデザイン

インパクトのあるデザイン

名刺

サイズも考える

パソコンが世の中に普及し、この先ひとり1台もつ時代が来るのではないかとも言われている。その影響で、名刺を自分でデザインして制作する人も増えている。自作の良いところはコストを抑えられることだが、手間がかかり不慣れで失敗することも多い。名刺づくりを成功させるカギは、その道のプロである専用の業者に依頼する人ことである。業者ならイメージさえ伝えれば、それを図面に表してくれるのでデザインに悩むこともない。仕上がりもスピーディーで、段取りが良いところだと3、4日で完成するところもある。ただ、デザインのレベルは業者によって異なり大きな差があるので、慎重に選ばなくてはならない。また、名刺は将来性に大きく左右するもので、うまくアピールできれば企業拡大につながることもある。そのために相手に良い印象を与える、この会社に仕事をお願いしたいという気持ちになる名刺づくりが要である。普通だと読みやすいがスッキリし過ぎてインパクトを与えることはできない。顔を覚えてもらうためにも目を止めて見たくなるようなデザインにすると良い商品であろう。名刺は白い紙と決まってないので、パズルや開くと立体的になるカード、組み立てて遊べるなど、少しハメを外したかたちにするのも良い。ただ、何を伝えたいのかが分からないと何もならないので、読みやすさは忘れてはならない。見た目を派手にした場合は、その分文字のデザインをシンプルにするべきである。また、ケースに入らない大きさは受けとる側が困ってしまうので、サイズのことも考慮しなければならない。